ネイティブドックとカナガンドックフードを比較!辛口評価をしてみました♪

愛犬家に大人気のカナガンドックフードと楽天市場で売れいているネイティブドックを原材料、成分で比較してみました♪

 

本当に犬にとって安全なドックフードとはどっちなのでしょうか?

 

比較しておすすめフードをご紹介します^^

 

 

■ネイティブドックの特徴
老犬になっても元気でいられるような素材で作られているフード。

 

合成着色料や保存料無添加、中国産の原材料などは使用されていません。

 

栄養バランスもしっかりしていて名門ブリーダーの理想的なドックフードと謳われています。

 

【原材料】
チキン、とうもろこし、ライス、鶏脂肪、オートミール、フラワー、コーングルテンミール、トマト、
ビートパルプ、フィッシュミル、卵、イースト、亜麻仁、岩塩、フラクトオリゴ糖、乳酸菌、ユッカ抽出物、
グルコサミン、レシチン、L-カルニチン、コンドロイチン硫酸、イノシトール、ラクトフェリン、ビタミン類
(A, D3,E,K,ナイアシン,B2,パントテン酸カルシウム,B12,B1,B2,葉酸,ビオチン)、ミネラル類
(カルシウム,亜鉛,鉄,マンガン,銅,ヨウ素,セレン,コバルト)、酸化防止剤として(クエン酸, ローズマリーエキス)

 

【成分】
粗たん白質25.0%以上 粗脂肪16.0%以上 粗繊維4.5%以下 粗灰分8%以下 水分10%以下 代謝エネルギー(ME)372kcal./100g

 

 

■カナガンドックフードの特徴
カナガンドックフードはグレインフリー(穀物不使用)のドックフード。

 

さらに人間でも食べれる原材料のみを使用していて無添加です。

 

イギリスの最高級ドックフードです。

 

【原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、
アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル
、ビタミン(ビタミンA 16,250lU、ビタミンD3 2,400lU、ビタミンE 240lU)、グルコサミン1000mg/kg、
リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール
、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

【成分】
粗たんぱく質33.00%、脂質17.00%、粗繊維3.50%、粗灰分9.00%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、
オメガ3脂肪酸0.90%、カルシウム1.86%、リン1.42%、代謝エネルギー約361.25kcal/100g

 

 

■ネイティブドックとカナガンを比較した結果

 

ネイティブドックとカナガンを比較した結果、おすすめとしては【カナガンドックフード】です。

 

ネイティブドックの原材料にはチキンが1番に表示されているので犬にとって好ましい原材料が主原料で使われていますし、保存料も自然由来の酸化防止剤が使用されているので安心、安全な面も多いのですが、『フィッシュミル』といった中身が何の魚なのかそのの部位なのかわからない原材料が使用されています。

 

さらに犬が消化吸収しにくいと言われているトウモロコシ、ライス、オートミール、フラワー、コーングルテンミールなどの穀物が含まれているのでこそも気になるところ。

 

穀物は犬アレルギーを引き起こしやすいと言われています。

 

それに比べてカナガンドックフードは、
・良質なチキン
・人間でも食べれる原材料のみを使用
・グレインフリー(穀物不使用)
なので安心して愛犬に与えてあげることができますよ♪

 

比較し結果的におすすめなのはカナガンドックフードでした^^