カナガンドックフードに切り替えて食べない犬の対処法!

カナガンドックフード 食べない

 

カナガンドックフードがいくら新鮮な原材料を使用しているとしても、今まで食べなれてきたドックフードからカナガンドックフードに切り替えるとドックフードを食べない時があります。

 

そんな時の対象法をご紹介します。

 

まず基本的なドックフードの切り替え方ですが、カナガンドックフードだけを与えずに、今まで食べなれてきたドックフードにカナガンドックフードを少しづつ混ぜて与えていきましょう。

 

例えば、
・1日目25%混ぜる
・2日目50%混ぜる
・3日目75%混ぜる
・4日目100%
というようにカナガンドックフードを以前のドックウードに少しずつ混ぜて与えてあげて下さい。

 

そうするとカナガンドックフードに慣れてくれるので愛犬もきちんと食べてくれますよ。

 

しかし、カナガンドックフードは嗜好性が良いのですぐ食べてくれる犬は多いと思いますので、一度カナガンを与えてみてもし食べなかったら少しづつ食べれれてきたドックフードに混ぜて与えてあげてください。

 

ただ、どうしてもカナガンドックフードを食べなかった場合は、言い方悪いですが無視してください。

 

犬は1日2日何も食べなくても健康上問題ありません。

 

どうしてもお腹がへったら自然とドックフードを食べてくれますよ。

 

ここで注意点があります。もしカナガンドックフードを食べないからと言って人間の食べ物を与える飼い主さんがいます。

 

そしたらどんどんドックフードを食べなくなってしまう可能性があります。

 

その理由をご紹介しますね。

 

ドックフードを食べない犬にご馳走を与えるのは危険?

ドックフードを食べないからと言って人間が食べる肉や魚を与える飼い主さんがいると思いますが、その行動はおすすめできません。

 

犬はとても頭の良い動物なので、もしご馳走を与えたら『ドックフードを食べなかったら美味しいものがもらえる』と考えてしまう可能性があるからです。

 

するとドックフードを食べず美味しいご馳走をもらえるまで待ってしまいます。

 

しかし飼い主さんは犬がドックフードを食べないものなので、ついつい人間の食べ物を与えてしまう…ってことになりそれを繰り返してしまう方もいます。

 

これは愛犬の罠なんです。

 

なのでもしドックフードを食べなったとしても食べるまで何も与えずに無視しておいて下さい。

 

自然と食べてくれるようになりますよ♪

 

カナガンドックフードは食いつきが良いと評判のフードですが、もし食べなかったとしても食べるように対処して下さい。

 

理由としては、犬の健康をサポートしてくれる原材料がバランスよく使われているからです。

 

カナガンドックフードを犬が食べることで健康を維持できるので、食べないからと言って栄養価の低いフードに戻したり、人間が食べるものを与えたりせずになるべくカナガンドックフードを食べさせるようにすることをおすすめします^^